一週間ぶりの畑

6月上旬に家内が山小舎に来て、それに同行して帰宅。
その間、畑を留守にしました。
一週間ぶりの畑の様子です。

ネットに囲まれてジャガイモが無事育っています。
品種によって生育のスピードが異なるのが面白いです。
アンデスという品種に花が咲きました。
頃合いを見て二回目の土寄せを行う予定です。

ジャガイモ(アンデス)に花が咲きました

直播した大豆が順調に育っています。
豆類は土地を選ばずに育ってくれるものなのでしょうか。
枝豆はいまいちなのですが、大豆と小豆は収穫が期待できそうです。

インゲンの苗が元気です
直播した大豆が成長しています

落花生の種を直播しました。
山小舎の「温室」で芽出しにトライしたのですが見事に発芽率がゼロでした。
やむなく直播しましたが、落花生ってむづかしいのか?

落花生を直播しました

鹿が好まないといわれる、菊芋と鷹の爪に食害がありました。
ネットナシの圃場に作付けしましたが、どちらも穂先を食べられています。
まだ根は生きているのでこの程度で済めばいいのですが。
鹿は、苗の穂先などを一度「試食」した後、食べられるとわかれば、苗全体を「完食」するので要注意です。
鷹の爪や菊芋まで「餌付け」したくないのが正直な気持ちです。

穂先を食べられた鷹の爪(とうがらし)
菊芋も先っぽが鹿の被害に・・・

夏野菜の苗の生育状況です。
個別の苗や作物の種類によっては生育程度に差がありますが、おおむね順調です。
ガッテン農法の畝づくりの成果が楽しみです。

ズッキーニはそろそろ初収穫の勢いです
トウモロコシには糠を追肥しました
キューリはあまり剪定せずに育てる予定です
畝2列にわたってトマトが元気に育っています

玉ねぎが収穫に向かって、玉を肥大させています。
苗の活着率は良くなかったのですが、生き残った苗は結構大きくなりました。

4月に苗を定植したキャベツとレタスのトンネルを除草のために剥がしてみました。
苗の活着率は60%ほどでしょうか。
追肥なし水やりなしのガッテン農法(自然農法)でやってます。
結果は?

苗を植えてから6か月たった玉ねぎです
キャベツの生育はゆっくりしています
レタスには一部べと病が出ていました・・・

一昨年の台風で崩れた河川の修復工事が行われています。
また、畑の畔を大家さんが除草してくれました。

近くに流れる五十鈴川の護岸工事をやっています
大家さんが例年通り畔の除草をしてくれていました

投稿者: 定年おじさん

1956年北海道生まれ。2017年に会社を退職。縁あって、長野の山小屋で単身暮らしを開始。畑作り、薪割り、保存食づくり、山小屋のメンテナンスが日課。田舎暮らしの中で、60歳代の生きがい、生計、家族関係などの問題について考える。60歳代になって人生に新しい地平は広がるのか?ご同輩世代、若い世代の参加(ご意見、ご考察のコメント)を待つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です